夏は水分補給が大切です!

毎日猛暑・酷暑が続いていますが、皆様お元気に過ごされていますか?夏は水分補給が何よりも大切ですが、水分補給の基本は「お水」です。
飲みやすさから、ついつい糖分の多いジュースやスポーツドリンクなどを口にしてしまいがちですが、毎回カロリーをとってしまうことになり、うっかり「夏太り」になってしまうことも。
また、カフェインやアルコールは利尿作用があるため、キンキンに冷えたビールなどは、水分補給には適していません。

水分補給に最適な飲み物、それはお水です。

人間の体重の60%は水分でできているといわれています。口から摂取した水分は、腸から吸収され、血液などの「体液」になって全身をたえず循環しています。
体液は、酸素や栄養分を細胞に届け、老廃物を尿として排泄し、汗を創り出して熱を逃がす役割があります。人間の生命活動を維持するために不可欠な存在です。

喉が渇く前に水を飲みましょう。

実は、喉の渇きを感じているときには、すでに体内では「水分が欲しい」とSOSが出されています!コップ1杯150ml程度を、2~3時間置きにこまめに摂取しましょう。
喉が渇きやすい起床時、食前又は食中、入浴前後、就寝時だけでなく、水分が失われやすいスポーツ&飲酒の前後には、十分に水分をとりましょう。

適度な塩分で熱中症対策を

忘れがちなのが、塩分の摂取です。熱中症対策に、なぜ塩分が必要なのでしょうか?
大量の汗をかくと、体内の水分に含まれている塩分(ミネラル)も一緒に失われます。深刻な水分不足になった身体へ水だけを補給すると、血液中の塩分濃度は失われたままさらに低下していきます。塩分濃度が低下し続けると水分補給をしても、全身のけいれん、意識障害など熱中症の重篤症状が発症する危険性も…。
健康的に夏を過ごすためにも、水分&塩分補給で対策をしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です